PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
もどってきたアミ―小さな宇宙人
もどってきたアミ―小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
太陽との出会い
太陽との出会い (JUGEMレビュー »)
大野 百合子,ジュディス・カーペンター
Recommend
Recommend
Recommend
バシャール 2006
バシャール 2006 (JUGEMレビュー »)
ダリル・アンカ, 大空 夢湧子
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    カリスマはもういらない
    0
       

      以前、神奈川県内で、かなり大きな部類に入る

      スピリチュアル会社の代表の方と
      お話をする機会がありました。

       

      前世や輪廻、ノウイングのお話をしているはずが、

      気が付くと、なぜか、すぐに話題がスリップして、

      「カリスマはどこにいる?」 というテーマになっていきます。

       

      熱心に、カリスマ・ヒーラー(リーダー・チャネラーetc.)

      探し求めておられることが

      とてもよく伝わってきました。

       

      会社経営から見れば、

      カリスマ性がないと、人が集まらず、

      収益を上げられないということらしいです。

      この方は、経営者なのだなぁと、
      あらためて思いました。

       

      大変ですね。

      社員さんたちの生活がかかっているのですから。

      でも、ちょっとがっかりしたのは確かです。

       

      誰でも名前を知っているスピリチュアル大手さんでは、

      「カリスマ」の4文字を大々的に掲げて、
      勝負(?)を続けておられます。

       

      もうそろそろ、誰もがマスター、誰もがカリスマという意識が

      広がってもよい頃合いだと考えているのは、

      私だけでしょうか?

       

      多次元存在である私たちは、

      ひとつとして同じものはない、ユニークな魂です。

       

      一人ひとりの中に、神なる意識が宿っており、

      自分の外側の世界に、

      超越的な存在を探し求める必要は、

      既にないのです。

       

      私たちは、元々、自立していて、パワフル。

      誰かに助けてもらわなくても、

      自己に目覚めれば、喜びでいっぱいになれるのです。

       

      もしもスピリチュアルなカリスマを求め続けていたら、

      どうなるでしょうか?

       

      本来持っているパワーを、おそらく

      そのカリスマに、明け渡してしまうことになるでしょう。

       

      本来のパワーの中には、

      思いを具現化する、想念の現実化も、もちろん含まれますので、

      想念が即座に具現化する5次元の現実で

      どんなことが起こっていくか…、

      想像しただけで、怖くなります。

       

      ゲリー・ボーネルは、その著書の中で、

      近未来、

      ひとりのカリスマ的リーダーと「NWO」が、

      世界をひとつにまとめようとして、

      1つのゴール、1つの政府の名の下に

      人々を支配してゆくことを予言しています。

       

      スピリチュアルな意識の高い人々の多くが、

      このリーダーについてゆくことになるのは

      驚くべきことであると、彼は書いています。

       

      アカシックレコードでは、
      予言することで、エネルギーが変化して
      出来事に影響を及ぼし、

      タイミングや規模にズレが発生します。

       

      より望ましい現実となる可能性が開かれていくことを

      あらかじめ意図して、敢えて公にしたのかもしれません。

       

      現在のスピリチュアル業界を見ていると、

      そうした流れが生まれるのも
      理解できるように感じてしまいます。


      「ワンネス」って、いい響きでしょう?

       

      拠り所の見い出せない状況、
      トラウマや満たされない心、疎外感、

      本当の自分、魂意識を
      まだ思い出すことができない人々は、

      一つの政府、一つの世界というアイデアに
      たちまち惹きつけられていくでしょう。

       

      根源の叡智、ノウイングに触れたならば、

      スピリットと一体となって、真我(ハイアーセルフ)として、

      自分の中の根源の叡智を生きる大切さを

      もっと表現していきましょう。

       

      なぜ、カリスマに惹かれるのか、

      自分の中の何が、そうさせているのか、

      心の声を聴いてみるのもよいかもしれません。

       

      自分こそが唯一の師であるとして
      排他性を持っていたり、

      一人ひとりの自立や自由意思、
      個性や独自性を認めない

      スピリチュアル・ティーチャーには

      気を付けた方がよさそうです。

       

      スピリチュアル・カリスマが持っているパワーは、

      あなたの中にも、有るのですから。




      魂の癒し 叡智・愛・無限









      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
      にほんブログ村 a href="http://health.blogmura.com/hypnotherapy/">にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ
      にほんブログ村
      posted by: HIFUMI | スピリチュアル日記 | 13:34 | - | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:34 | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://earthlight.jugem.jp/trackback/177
        トラックバック