PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
もどってきたアミ―小さな宇宙人
もどってきたアミ―小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
太陽との出会い
太陽との出会い (JUGEMレビュー »)
大野 百合子,ジュディス・カーペンター
Recommend
Recommend
Recommend
バシャール 2006
バシャール 2006 (JUGEMレビュー »)
ダリル・アンカ, 大空 夢湧子
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    ヒンメリは、神聖幾何学アート
    0
       ヒンメリを見たことがありますか?

      つい、最近のこと、偶然、ヒンメリと出会いました。
      (といっても、もちろん宇宙に偶然はありません。)

      フィンランドの、伝統装飾と云われるヒンメリ。

      とても心惹かれます。

      写真を見ているだけでも、この光のモビールは
      飽きることがない魅力にあふれています。

      オクタヒドロン(正八面体)や星型のモティーフは、
      神聖幾何学の多面体そのものですが、
      それらが幾重にも連なり、広がって、宙に光を集めます。

      先日、少し時間が空いたので
      さっそく、ひとつ、創ってみました。

      針と糸、持つのは久しぶり。

      実際は、麦わらや稲藁を使うのですが、
      近くにあった白いストローで代用しました。

      実は、以前、正多面体や
      シード・オブ・ライフ、フルーツ・オブ・ライフ作りに
      夢中になったことがあります。

      その時は、東急ハンズで入手した材料、
      たとえば竹ひごや発泡スチロールなどで作ったり、
      厚紙に展開図を書いて、組み立てたりしていました。

      ところが、このヒンメリは、
      最初、平面上で三角形を作って、それをつなげていき、
      幾つ目かに、ふいに立体に立ち上がるのです。

      それが、本当に不思議でおもしろい(!)

      今度は、時間をつくって、もっといろいろな形のものにチャレンジしてみたいですね。

      やはり、材料は、自然の麦わらが欲しい…。

      真っ直ぐで清潔な麦わらって、どこにあるのでしょう?

      8〜20cm 程度にカットして使いますので、
      長いものでなくてかまわないのですが。

      ご存知の方、ご一報下さいましたら幸いです。



      posted by: HIFUMI | スピリチュアル日記 | 17:06 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 17:06 | - | - |