PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
もどってきたアミ―小さな宇宙人
もどってきたアミ―小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
太陽との出会い
太陽との出会い (JUGEMレビュー »)
大野 百合子,ジュディス・カーペンター
Recommend
Recommend
Recommend
バシャール 2006
バシャール 2006 (JUGEMレビュー »)
ダリル・アンカ, 大空 夢湧子
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    走る日々
    0
       

      毎日、走っています。

       

      少し前から、自分の目指す方向性がさらにはっきりとしてきて、

      同時に、漠然と感じていたことが、明確な意図となり、

      次々に、現実化し始めました。

       

      現実となったことが、自分の進む道をさらに確信させてくれる、

      そんなサイクルの中にいます。

       

      余暇や、ゆとりや、ぼんやりと過ごす時間が全然ありません。


      疾走感のある、忙しくて密度の濃い毎日なのですが、

      これもいつか望んだことだったかもしれないと、記憶をたどってみています。

       

      セッションルームの引越しをして、環境が変わったことも含めて、

      出来事が加速している手応えを感じます。

       

      仕事を終えた夜、セッションルームで机に向かっていると、

      時間的、空間的な連続性がなくなっていることに気付きます。

       

      まるで、別次元にやってきた気分。

      元々、人は多次元に渡る存在なのですから、やってきたというよりも、

      焦点がシフトしたというべきでしょうか?

       

      今、ここで、こうしているのは、とても自然です。


      急遽、移転を決めてから、数日のうちに、

      現在のセッションルームを見にいって、
      一軒目で即、契約となったのですが、

      建物の前まで歩いて来た時、既に決まっていたことのように、

      やはりここなのだと思ったことを思い出します。

      (実は、近い将来、またセッションルームの移転が
      ありそうな予感もしています…。)

       

      ブログを更新する、書くという行為は、

      私にとって、立ち止まって振り返ることだったので、

      これからは移動しながら書くことになるのかもしれません。

       

      2009年、1月頃から、
      良くも悪くもこれまでに体験したことのない出来事が

      次々に起こっては通り過ぎてゆき、

      その中から多くの気付きを受け取り、

      体力も使い、時に息切れしそうになりながらも

      今日に至っています。

       

      走り始めた今、勢いにのって、このまま走り続けていくつもりです。

       

      posted by: HIFUMI | スピリチュアル日記 | 23:11 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:11 | - | - |