PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
もどってきたアミ―小さな宇宙人
もどってきたアミ―小さな宇宙人 (JUGEMレビュー »)
さくら ももこ,エンリケ バリオス
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
太陽との出会い
太陽との出会い (JUGEMレビュー »)
大野 百合子,ジュディス・カーペンター
Recommend
Recommend
Recommend
バシャール 2006
バシャール 2006 (JUGEMレビュー »)
ダリル・アンカ, 大空 夢湧子
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    内なるパワー
    0

      私たちは、不思議なめぐり合わせや、ふとしたきっかけに導かれて、
      地球のアセンション(次元上昇)を知り、
      意識の拡大や霊的な進化について、
      偶然(のように)、誰かに話を聞くかもしれません。

      対人関係のトラブルや、体調不良、
      ストレスを解消しようと行動した結果
      思いもよらなかったスピリチュアリティへの視野を
      手に入れることさえあります。

      私の場合、最初の一歩は、
      「意図する」ことを促す、力強い要請でした。

      目を覚まして、とにかく、意図しなさい。
      意識的に行動すること。
      意識を眠らせたまま、日常の中に埋没しないこと。
      プレアデス系の本には、繰り返しこの言葉が書かれてあり、
      ページからその部分が浮かび上がって見え、
      何度も読み返したように記憶しています。

      それから何年も経ち、意図することが常態となった最近、
      いろいろな変化を経て、またしても、
      さらなる意識の拡大を促されるエネルギーの中にいます。

      11月頃から、地球に届いている、進化を促す強力なエネルギーのためか
      私の個人的なプロセスが進んだ結果なのか、
      ここ数ヶ月、シフトがきていて、いつものようには生活できず、
      ペースを落として、毎日、調整を続けていました。

      わかっていたつもりでも、まだ十分ではなかった、というか、
      まだまだ、もっと意図的に、現実を創造する余地があるのだと
      突然、目の前の壁が崩れ去って、
      スペースが途方もなく、広がったような感覚を覚えています。

      山登りをしている時は、
      少しずつ、視界が広がる爽快感を味わいますが、
      そんなにのんびりとしたものではなくて、
      ジェット機の離陸か、ワープ(?)みたい。
      いきなり外宇宙の果てしない広大さに圧倒される、そんな感じ。

      特に、一月半ほど前あたりからは、
      直前の過去生から持ち越してきていた葛藤が浮上し、
      早死にしたその転生で感じた、焦燥や無力感、果たせなかった望み、
      手に負えないという感覚、パニックの危機感などと向かい合うこととなり、
      「戦争はやめて ! 」 という、
      これまであまり自覚したことのなかった
      潜在的な悲願もクリアになりました。

      リリースのためのワークなどをしながら、
      その時の不要なエネルギーが抜け出ていくにつれて、
      密やかで静かな変化が感じられ、
      今までの、自分が知っている自分が、希薄になっていくのがわかりました。
      これからどうなっていくのか、ではなく、
      最善、最高の進化を、しっかりと意図していくつもりです。

      内なるパワー。
      自分は、自分が思っているよりも、さらに大いなる存在であること。

      インナーパワーを信頼し、
      恐れや抵抗なく、それを使っていくことができるなら、
      望む現実の創造は、思いのままです。

      そう理解し、実践しているはずでも、
      いつの間にか、自分以外の何かに、パワーを預けてしまいそうになったり、
      インナーパワーをうっかり忘れ、古い行動パターンに舞い戻っていたり…。
      気づいて、愕然とすることはないでしょうか?

      無力であると信じ込んだことから、疑心暗鬼になって、
      サバイバルのために、お互いをコントロールしたり、
      他者・権威・コミュニティなどの庇護や承認や安全の保障を
      求めずにはいられなかった暗黒の時代には、幕を下ろす時です。

      『何かを恐れるということは、現実を創造する自分の能力を否定すること。』
      という「アセンション・ハンドブック」(ナチュラルスピリット刊)の一節を
      思い出しましょう。

      posted by: HIFUMI | スピリチュアル・ウェイ | 20:05 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:05 | - | - |